その手荒れ「手湿疹」では?

食器を洗う手

手湿疹の発症には、周りの環境や状況と密接な関係があるといわれています。

どういうことかというと、「手湿疹になりやすい環境」として水を扱うことが多いということが挙げられます。

仕事柄いつも水に触れている、美容師や調理師などの職業の人が手湿疹になりやすく、水仕事に携わる人の職業病ともいえるでしょう。

また、「日用品による影響」も挙げられます。食器洗い、掃除、洗濯など、普段よくつかている洗剤が手湿疹の原因になっている場合もとても多く、このことから手湿疹のことを主婦湿疹と呼ぶようになっています。

洗剤だけに限らず、紙、布、ゴム製品などの日用品によって皮脂が奪われるので、手湿疹の原因となっていることもあります。

このほか「体質からくるもの」もあります。

乾燥肌やアトピーなど、皮膚の水分や皮脂が少なく、もともと皮膚の抵抗力が弱い人に、手湿疹の症状が現れやすいようです。

以上のような原因で手湿疹の症状が出やすいといわれていますが、これらはあくまでも一般的な原因でしかありません。

手湿疹の原因はまだすべてが解明されたわけではないが現状です。

手湿疹を引き起こす要因には、個人差があるということも頭の片隅に入れておいてください。

関連記事