その手荒れ「手湿疹」では?

手湿疹とアトピー性皮膚炎の関係

アトピーで困っている人

手湿疹に長年悩まされている人は、アトピー体質であることが多いといわれています。

手湿疹の代表的な症状である「かゆみ」「湿疹」が現れたり消えたりを慢性的に繰りかえす状況は、アトピー性皮膚炎の症状ととても似ています。

アトピーの要素を持つ人は、一般の人に比べて皮膚が乾燥しやすいため、手湿疹になりやすいということです。

これと同じ理屈でドライスキンの人も、手湿疹になりやすいといえます。

手湿疹の治療のときに、アレルギー検査が行われることが多いようです。

判断の仕方は医療機関によって差がありますが、手湿疹に長年悩まされている方は一度検査をしてもらうことをお勧めします。

手湿疹は、具体的な原因が特定できないことが多いのですが、アトピー体質からくるものだとわかればそれに合わせた治療が行えるので治るのも早く、自分自身が日常生活で注意しなければならないこともわかります。

手湿疹の原因を探し当てることは、治療にとって大切なことです。

もしアトピー体質が手湿疹の原因だと分かったら、自分の肌が刺激に敏感であることをしっかりと認識して、毎日の生活でも注意をする必要があるでしょう。

炎症を悪化させないためのケアを習慣にして、つらい手湿疹から解放されましょう。

関連記事