その手荒れ「手湿疹」では?

手湿疹になりやすい人の特徴

家事

手湿疹になりやすいのは、水仕事が多い人といわれています。

特に一日中家時で洗剤の刺激を受ける主婦に、手湿疹の症状が多く見られます。

家事をするときに使う洗剤には、皮膚の水分や油分を奪う化学物質がたくさん含まれています。

界面活性剤、色素、殺菌剤、香料、蛍光漂白剤などが代表的なものです。

これらの化学物質は荒れて抵抗力の低い手指に刺激を与えて、手湿疹の炎症を悪化させてしまうのです。

手湿疹になりやすいタイプがあるように、手湿疹になりやすい季節もあります。

手湿疹になりやすいのは、秋から冬にかけてです。

この季節は、気温の低下とともに空気がとても乾燥します。

常に乾燥した空気に手を晒しているので、肌は外部からの刺激に非常に敏感になっています。

ですからいくら保湿に気をつけていても、この時期になると手湿疹が悪化するという人が多いのではないでしょうか。

手湿疹はなりやすい環境というものがあるのです。

今は手湿疹の症状が現れていなくても、少しでも思い当たることがあれば、将来手湿疹の症状に悩まされることがあるかもしれません。

「手指の乾燥が気になる」、「日常で水を使う作業が多い」、「手を使う機会が多い」こういった方は、日ごろから手肌を乾燥させないようにしっかりとスキンケアを行って、つらい手湿疹の症状が現れないように予防しましょう。

関連記事