その手荒れ「手湿疹」では?

手湿疹とホルモンの関係

カレンダー

手湿疹とホルモンバランスが密接な関係にあることをご存知でしたか?

皮膚は性ホルモンの影響を受けやすく、生理の周期によってホルモンのバランスが変化する女性の場合、その周期に合わせて肌の状態も変化します。

女性ホルモンには、黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2種類がありますが、卵胞ホルモンの分泌が多い時期は肌が潤い、正常な状態を保ちます。

一方、黄体ホルモンが多く分泌している時期は、皮脂の分泌が増えるので、肌のトラブルが起きやすくなります。

このため、手湿疹の症状も変化しやすいのです。

黄体ホルモンの分泌が一番多いのは、生理前です。

ですから生理前に、手湿疹が悪化する女性がとても多いのです。

生理がはじまってから次の排卵日までは、ホルモンのバランスが安定しているので、手湿疹の症状は次第に治まってきます。

手湿疹に悩む女性は、生理の周期をしっかり把握して、ホルモンの分泌による肌の状態を考慮することが大切です。

ホルモンバランスに合わせて手湿疹のケアも変化させることで、症状の悪化を防ぐように工夫しましょう。

関連記事