その手荒れ「手湿疹」では?

手湿疹のかゆみの対処法

手湿疹で手が痒い女性

手湿疹によって起こるかゆみは、とても辛いものですね。

手湿疹で荒れてしまった手や指をこすったり、引っ掻いてかゆみを和らげようとすると、却って症状を悪化させてしまいます。

かゆみを緩和するのではなく、かゆみが起こりにくい状態を作りましょう。

手湿疹のかゆみに大敵なのは乾燥です。

肌を乾燥させないために、室内の湿度に配慮しましょう。

特に冬場は暖房器具を使うこともあって、室内が乾燥しやすくなっています。

>加湿器を使ったり、室内に洗濯ものを干すなど、部屋が乾燥しないように工夫することが大切です。

そして、石鹸や洗剤は刺激の少ないものを使いましょう。

手を洗うときに使う石鹸の中には、皮脂を必要以上に奪ってしまうものも多いようです。

その上お湯を使う冬場、さらに肌の乾燥を早めます。

手湿疹を起こしている手肌には、肌の潤いを保つ保湿効果のある石鹸を使いましょう。

どうしてもお湯を使う必要がある場合は、なるべくぬるめの温度に設定して肌の乾燥から守りましょう。

そして一番大切なのは、手湿疹で荒れた手指を刺激から保護することです。

手を洗った後、水仕事の後、お風呂上りなど、水が手肌に触れた後は必ず保湿剤を塗ることを習慣づけましょう。

手が水に触れたら時間を空けずにすぐに保湿剤を使うと効果的です。

保湿剤で荒れた肌を覆ってあげると、水分蒸発を防ぐことができ乾燥から守ってくれます。

さらに保湿剤が手に膜を作るので、外部からの刺激を和らげる効果もあります。

つらいかゆみを起こさないためにも、保湿に充分に気を配りましょう。

関連記事