その手荒れ「手湿疹」では?

手袋

手湿疹にかかったら、刺激に敏感になっている手や指の皮膚を保護する必要があります。

そのときに便利なのが、「手袋」です。

手湿疹で荒れてしまった手指は抵抗力がとても弱くなっています。

特に水仕事の際に使用する洗剤は、手湿疹を悪化させる原因の1つです。

食器洗いはもちろんのこと、お風呂洗い、拭き掃除など、水に触れる作業を行うときは、必ずゴム手袋をしましょう。

ゴム手袋は、手湿疹で荒れた手指を刺激から守るための必需品です。

水仕事のときだけに限らず、その他の作業をするときにも手指をガードするために綿の手袋を使うことをお勧めします。

掃除機をかけるとき、布団の上げ下ろし、洗濯ものを干すときなど、水を使わない家事でも、手や指に触れるものが摩擦が起こして肌を刺激します。

その刺激となりかゆみの症状を引き起こしたり、ひどい時は皮が剥けることもあります。

ですから、手湿疹の症状が治まるまでは、なるべく綿の手袋をつけて作業をしてください。

そして忘れてはならないのが、ハンドクリームなどの保湿剤をこまめに塗ることです。

手袋をつけていても、その手袋と手や指は触れていますから刺激になることもあります。

必ず保湿剤で手を保護してから手袋を着用しましょう。

手袋着用と一日数回の保湿剤で、手湿疹の症状はかなり治まってくるはずです。

関連記事