その手荒れ「手湿疹」では?

乳液をつけた手

手湿疹が起きてしまった手や指は、外部の刺激にとても敏感になっています。

手は外部からの刺激を受けやすい箇所なので、日常生活でもいろいろと注意を払う必要があります。

では、具体的にはどのような点に注意すればいいのでしょうか。

手湿疹の手や指は、摩擦に対する抵抗力がほとんどありません。

手を洗うときは強くこすったりせず、やさしく洗いましょう。

そしてこの時に注意してほしいのが、お湯です。

冬場はお湯を使って洗顔や手洗いをすることが多いと思いますが、お湯は皮脂を奪って乾燥を促します。

手湿疹の症状があるときに、乾燥は禁物です。

なるべくお湯を使わないように心がけましょう。

家事をするときに毎日使っている洗剤も手湿疹には、強い刺激になります。

洗濯を干すとき、拭き掃除をするときも、手や指を摩擦するので、必ず手袋などを着用して家事をしましょう。

そして、手湿疹に欠かせないケアが「保湿」です。

乾燥で肌の抵抗力が衰えている手や指をしっかりと保湿して、バリアを作ってあげましょう。

ハンドクリームなどで手を覆うと、外部からの刺激を和らげる効果があります。

このようなケアは簡単なようで、意外と疎かにされがちです。

今の症状を悪化させないためにも、忘れずに手湿疹のケアを行いましょう。

関連記事