その手荒れ「手湿疹」では?

自宅でできる手湿疹ケア

自宅

手湿疹には、毎日のこまめなケアが必要です。

手湿疹の炎症が悪化しているときは皮膚科で治療してもらうのが、もちろん大切ですが、これ以上手湿疹を悪化させないためのケアは自宅でも行えます。

今からすぐに始めてみませんか?

自宅での手湿疹のケアは保湿を重点的に行います。

家事はもちろんのこと、日常生活で行うさまざまな作業には必ず手を使う必要があります。

いつも酷使されている手は、水分や皮脂が奪われやすい状態なのです。

特に、手洗いや水仕事の後など、手が水に触れた後の手は水分や皮脂がどんどん奪われていきます。

正常な手でも水を触った後は、刺激を受けやすいので、手湿疹の人はなおさら危険な状態にさらされていることになります。

水を使った後は必ず保湿を行うことを習慣づけましょう。

ハンドクリームやワセリンのような、なるべく刺激が少ない保湿剤を選んで、水を触った後はこまめに保湿しましょう。

作業の後のケアだけでなく、作業の前のケアも大切です。

拭き掃除、布団の上げ下ろし、新聞の片づけなど、手指に強い刺激が与える作業の前にも保湿剤を塗って手指を保護しましょう。

保湿剤がバリアとなって、刺激に敏感な手湿疹の手指を守ってくれます。

手指の保湿は、外出先でももちろん必要ですから、出掛けるときも忘れずに保湿剤を持ち歩き、どんな時でも手を乾燥させないように気を配りましょう。

関連記事