その手荒れ「手湿疹」では?

手湿疹は就寝時のケアも大切

シングルベッド

手湿疹の症状を和らげるためには、就寝前のケアも大切です。

日中は絶えず手を動かしているので、手洗いの回数も多くなります。

ですから、薬や保湿剤をつけてもすぐに洗い流されてしまいます。

しかし眠っている時は、長時間にわたって手肌を薬や保湿剤で保護することができます。この眠っている時間を有効に使って、手湿疹の症状を緩和させましょう。

手湿疹でひび割れしている部分がある場合は、ステロイドが塗布されているテープを貼って眠りましょう。

このテープは皮膚科で処方してもらうことができます。

眠っている時は、寝返りを打つなど無意識にさまざまな動きをしています。

ですからしっかり傷口を保護しておかないと、眠っている間に手が擦れて出血してしまうケースも多いのです。

手湿疹で深い傷のある箇所には、その部分をしっかりガードしてから眠る習慣をつけましょう。

もし皮膚科で処方された治療薬がなければ、薬局で販売されている傷口の治療薬を使ってみてください。

手湿疹のケアで一番大切なのは保湿です。

皮膚科で処方されている保湿剤、ハンドクリームを、眠る前には日中に使っているとき以上に念入りに塗ってから休むようにしましょう。

ササッと塗るのではなく、少し多いくらいの量を手に塗りこむようにしっかりとつけましょう。

その後、必ず綿の手袋をして、寝ている間に手肌を傷つけないように保護してから眠りましょう。翌朝の手肌の感触がきっと変わっていると実感できますよ。

関連記事